36協定(時間外・休日労働の関する協定届),労使協定の作成相談|社会保険労務士事務所

072-668-1417
イースリーパートナーズ社労士事務所 大阪府高槻市紺屋町12番10号 高槻ヨシダビル3階
E3PARTNERS

社会保険労務士 HOME

  ≫ 労働時間・サービス残業 ≫ 36協定(時間外・休日労働の関する協定届),労使協定の作成相談

36協定(時間外・休日労働の関する協定届),労使協定の作成相談

労働時間にかかわる協定書の作成、締結を安易に結ぶと、労働基準監督官の臨検時等に厳しい処分が待つことになります。
しっかりとした協定を作成し、しっかり協定を締結することが必要です。
専門家にしっかり見てもらう必要があります。
協定から各種証明書まで作成から指導まで行います。お気軽にご相談ください。

36協定(時間外労働・休日労働に関する協定)の締結について
36協定とは労基法第32条の特例である労基法第36条に規定する協定の事です。36協定を締結し、所轄労働基準監督署に届出ることで、時間外労働させても使用者は処罰されなくなるという免罰的効力があります。
ただし、36協定を出したからといって当然に時間外労働させてよいわけではなく、就業規則に時間外労働させることにつき、根拠をおく必要があります。
36協定を締結する上で大事なのは、協定を締結したからといって無制限に時間外残業させてよいわけではありません。時間外労働させてよい限度時間の範囲内で延長時間を協定する必要があります(1日については、限度時間の設定はない)。
限度時間の設定をしなければならない単位は、1日、1日を超え3ヶ月以内、1年となっています。また、一般労働者と1年単位の変形労働時間制対象労働者とでは、限度時間が違ってきます。

【延長時間の限度】
一般労働者の場合
1年単位の労働者
期間
限度時間
期間
限度時間

1 週 間

2 週 間

4 週 間

1 ヶ 月

2 ヶ 月

3 ヶ 月

1 年 間

15 時間

27 時間

43 時間

45 時間

81 時間

120時間

360時間

1 週 間

2 週 間

4 週 間

1 ヶ 月

2 ヶ 月

3 ヶ 月

1 年 間

14 時間

25 時間

40 時間

42 時間

75 時間

110時間

320j時間

限度時間に1日についてはありません。従いまして、1日の限度時間は24時間−8時間−1時間(休憩)となり、15時間となります。


36協定の中でも例外的規定があります。それが特別条項>〈厚生労働省告示第355号〉付協定です
36協定の限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合は、限度時間を超えて 時間外労働 させることができるという協定です。

【要件】
  • (1)特別の事情をできるだけ具体的に定めること
  • (2)上記は全体として1年の半分を超えないこと
  • (3)延長時間を超えて延長する場合に労使の手続を具体的に定めること
  • (4)限度時間を超える一定の時間及び超えることができる回数を具体的に定めること。


限度基準の適用が除外される業務があります。間違ってはいけないのは、あくまで限度時間の適用が除外されるということであって、36協定の締結が除外されるわけではありません。
  • (1)工作物の建設等の事業
  • (2)自動車の運転の業務
  • (3)新技術、新商品等の研究開発の業務
  • (4)厚生労働省労働基準局長が指定した事業又は業務

【(3)新技術、新商品等の研究開発の業務についての通達(平元・二・十五基発六五号)】
  • 時間外労働協定について限度時間を適用しないこととする新技術、新商品等の研究開発の業務の具体的範囲については、労使が上記定義に即して、自主的に協議し、定めた内容を尊重するものとすること。
その他、注意を必要とする協定手続の一例
下記の協定書の作成、協定の締結にはかなりの専門的知識が必要となります。
労働基準監督管等の臨検時等にきちっと対抗できるようにしておく必要があります。
これらの相談についても承っております。

【優先順位 協定 ポイントの一部例 】
優先順位
協定

ポイントの一部例

事業場外労働

「所定労働時間労働したものとみなす」これでは、通常18:00に終業時刻が設定してある場合に、17:00に帰社し、20時まで勤務した場合など、つまり事業場外労働した後内勤される場合など、2時間の時間外残業をつけるよう指導されます。

また、実態と違うことが判明した場合、「みなし」であるにもかかわらず、是正勧告を受ける可能性があるみたいです。

フレックスタイム制
始業・終業時刻を労働者の決定に委ねる制度であります。業務のやり方や朝礼、会議に口出しできないと思われている場合が見受けられますが、きちんと協定しましょう。
専門業務型裁量労働制
フレックスと違い、業務の遂行手段や時間配分の決定等に関し労働者の裁量に委ねる制度ですので、業務の方向性などについては委ねる必要はありません。
1年単位変形制
振替休日には注意が必要です。
1ヶ月単位変形制
月に23日出勤がある日については、184時間の労働時間になり、31日の暦日の月の総枠は176時間です。ギャップが出ます。
ご質問・ご相談はお気軽にお問合せ下さい。
社会保険労務士事務所|イースリーパートナーズ
072-668-1417メールでのご相談はコチラ 無料お見積もりはコチラ
MENU 行政所在地情報等 社会保険労務士ブログ お気に入り登録はコチラ 相互リンク
社会保険労務士のサイト、社会保険労務士以外のサイトを問わず、現在相互リンクはお断りさせていただいております。
≫相互リンクの詳細はこちら
イースリーパートナーズ社労士事務所では、各業務内容に関する専門サイトの運営、経営に役立つ各種セミナーなども開催しております。
平成24年9月20日(水) 14:00〜15:30 明日から会社を変えるための就業規則変更実務
平成22年10月6日(水) 10:00〜12:00 未払い残業代の対策
平成22年9月3日(金) 14:00〜16:00 就業規則の作成の仕方
平成21年9月15日(火) 18:30〜21:00 人件費・経費圧縮の進め方
平成21年01月15日(月) 13:00〜16:00 就業規則作成セミナー
平成21年02月05日(木) 13:00〜16:00 労働時間問題解決セミナー